簡単査定・相談する

マンションを売却して住み替えるための2つ・・・|不動産売却コラム|川越市・ふじみ野市・上尾市の不動産売却・無料査定なら「アースシグナル」にご相談ください。

トップページ > 不動産売却コラム > 売却について > マンションを売却して住み替えるための2つの手順をご紹介します!

マンションを売却して住み替えるための2つの手順をご紹介します!

2021.09.17

「マンションを売却して住み替えたいけど、どのような手順を踏めば良いのだろう」
売却や住み替えが始めての方は、少し不安ではないでしょうか。
本記事では、マンションを売却して住み替えするための手順をご紹介します。

住み替えの手順を2つ紹介!

住み替えの手順には、売り先行と買い先行があります。

住み替えの手順 売り先行

売り先行では、先に現在のマンションを売却します。
その売却金額で次に住み替える不動産を購入できるため、資金面で無理をすることがありません。
不動産の買主と売買契約を結んでから住み替え先の不動産を選ぶことで、使える金額が明確になり資金計画が上手くいきやすいのです。

その反面、デメリットもあります。
マンションを売却してから住み替え先に引っ越すまでにタイムラグがあり、その間の仮住まいが必要になることです。
引っ越しが2回あるので、その分コストや労力が必要になります。

住み替えの手順 買い先行

買い先行では、住み替え先の不動産を先に購入します。
そのため、売り先行で必要だった仮住まいは必要なくなります。
また、新居探しに時間をかけられるため、満足いく住居を探せるメリットもあります。

デメリットは、資金計画が立てにくいことです。
住み替え先の売買契約を結ぶときには現在居住中の不動産の売却金額が確定していないことが多いためです。
また、住み替え先の引き渡し日によっては、売却代金を受け取る前に購入代金を支払うことになるデメリットもあります。 二重で住宅ローンを返済しなければならない可能性があることも念頭に入れておきましょう。

住み替え先ごとのメリット・デメリットを簡潔に紹介!

マンションを売却して住み替える場合、住み替え先をマンションにするか一戸建てにするか迷うと思います。
それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

マンションに住み替える

メリットは、管理費や修繕積立金の制度がなくなることです。
また、マンションよりも収納量が増えるので、家族が多いご家庭は嬉しいでしょう。

デメリットは、管理費や修繕積立金を支払う必要があるなどのマンション特有のデメリットは改善できないことです。

一戸建てに住み替える

メリットは、管理費や修繕積立金の制度がなくなることです。
また、マンションよりも収納量が増えるので、家族が多いご家庭は嬉しいでしょう。

デメリットは、セキュリティ面で心配が増えることです。
マンションのようなオートロックなどはないため、ご自身でセキュリテイー対策をする必要があります。

まとめ

本記事では、マンションを売却して住み替える手順を2つご紹介しました。
売り先行と買い先行の2つがありましたね。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、よく検討してから選びましょう。
川越市でマンション売却を予定されている方は、お気軽に当社までご相談ください。


Youtubeチャンネルを始めました!
不動産について不定期更新!
チャンネル登録お願いします!

この記事をSNSでシェア▼

キーワード一覧

0120-763-666

簡単査定はこちら

オンライン無料相談対応!

  • Skype
  • zoom
  • hangout
  • LINE